病院からのお知らせ

  • ホーム >
  • 【重要】当院職員の新型コロナウイルス感染症について

【重要】当院職員の新型コロナウイルス感染症について

2022年1月7日

 当院では、1月4日に2名、1月5日に1名、1月6日に2名の合計5名の多職種に渡る職員に新型コロナウイルス感染が確認されたことをご報告いたします。感染経路につきましては、4名は院外からの新型コロナウイルス感染症陽性者との接触によるもので、1名は現在調査中です。

 このようなことから、緊急に1月4日に入院患者さま18名、職員36名、1月6日に職員27名、合計81名のPCR検査を実施し、入院患者さま及び職員のPCR検査は全員陰性を確認いたしました。現在、5名の陽性職員は自宅療養中であり、濃厚接触者の職員8名とその他主に家庭内での濃厚接触者11名、体調不良者18名につきましては自宅で健康管理を行っております。

 現在当院では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、1月5日から外来診療は電話診療で対応しており、1月11日からは不急な検査や予定手術を制限する予定です。

 さらに、一般入院患者も増加し、また、職員の休業者も増えている状況であり、今後新型コロナウイルス感染症による入院患者の増加に対応できる診療体制を確保するために、1月11日から当面の間、一般外来を休止することになりました。

 今回、宮古島島民の皆さまにはご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます。今後は、職員の厳重な自己管理と行動変容など感染予防を職員全員で継続して努力・行動してまいりますので、何卒ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

                                       沖縄県立宮古病院

                                       院長 本永 栄治