診療科・部門麻酔科

麻酔科の理念・診療内容

当科では、予定手術および緊急手術の麻酔管理を主に行っております。ペイン外来などの外来業務は行っていません。年間手術件数は約1400件、そのうち麻酔管理症例数は約900件となります。乳児から高齢者・静脈麻酔から全身麻酔まで、各種麻酔全般を行っています。

初めての出会い・・・術前回診

基本的に前日に病室に訪問する形で行っています。患者さんの状態把握や、それに基づく麻酔法の選択を行います。 短時間ではありますが、患者さんの身体・精神状態などの的確な把握に努めています。
質問や要望などございましたら、気軽にお聞きください。

患者さんの守護者・・・手術中

各種モニター及び、手術進行状況、患者さんの状態などに応じて、適切な麻酔管理を行います。術中、患者さんの側から離れることはありません。
また、術後の疼痛コントロール目的に硬膜外麻酔を積極的に併用しています。

スタッフ紹介

兼村 大介
日本麻酔科学会専門医

阿部 京介
日本内科学会認定医

後閑 大
日本麻酔科学会 指導医 専門医

飯井 友見

ひとこと

手術後も責任を持って患者さんの状態をチェックし、術後管理・疼痛対策などを主治医にアドバイスいたします。
また、肋骨骨折患者さんの硬膜外鎮痛・人工呼吸器管理のアドバイス・疼痛患者さんの相談なども行っております。