診療科・部門歯科口腔外科

基本方針

当科は日本口腔外科学会准研修施設の認可を受け、日本口腔外学会指導医による診察と手術を定期的に行っております。また、病床を有しており全身麻酔による手術、消炎管理などの治療が可能です。

診療内容

埋伏智歯や嚢胞:顎の中に埋まっている歯・親知らずの抜歯、および顎の中や口腔粘膜にできた嚢胞の摘出・開窓処置を行います。
歯性感染症:う蝕や歯周病が原因で炎症を起こし、周囲組織まで波及した場合の消炎処置を行います。
口腔顎顔面外傷:軟組織損傷による縫合処置。歯の破損・脱臼、顎骨骨折における整復・固定に際しては、咬合機能の回復を最優先に考慮して対応します。
腫瘍:舌、歯肉、口底、頬粘膜、口唇や顎骨に生じた腫瘍の治療を行いますが、悪性腫瘍に関して中部病院頭蓋顎顔面センターで行われます。
粘膜疾患:口腔に限局するもの、全身疾患の一症状として現れる場合があり、まれに悪性転化して癌化する場合もあるため、専門的に経過観察を継続します。
顎関節症:開口障害、顎関節の疼痛・雑音に対し、生活指導、スプリント装着、薬物療法で対応します。
唇顎口蓋裂の一貫治療:形成外科医・口腔外科医・産婦人科医・小児科医・矯正歯科医・言語療法士および看護師などとチーム医療を図り、出生から成人までの専門的な治療を行います。
障害児/者の歯科治療:ホームドクターとの協力のもと、全身麻酔下での歯科治療を行います。
全身疾患を有する患者の歯科治療:入院期間中における保存困難なう蝕・歯周病の抜歯や応急的な歯科治療を行います。退院後は、歯冠修復や義歯作成などの治療を継続して頂くため、地域の歯科医院へ依頼します。当科では健常者の一般歯科治療は行っておりません。
入院前・入院中の口腔ケア:手術や化学療法を受ける方の周術期口腔管理や、セルフケアが困難な方を中心に病棟専属の歯科衛生士が入院中の口腔ケアを担当します。当科には、日本口腔ケア学会認定4級の資格を有する歯科衛生士が在籍しております。

診療実績

全身麻酔による歯科治療・手術の件数

周術期口腔機能管理の初診患者数

専門的口腔ケアの初診患者数

スタッフ紹介

狩野岳史
1995年卒  医長
博士(医学) 日本口腔外科学会専門医 日本外傷歯学会認定医

立津政晴  出向中

県立応援歯科医師

新垣敬一(中部病院歯科口腔外科)
博士(医学) 日本口腔外科学会指導医
日本小児口腔外科学会指導医  日本外傷歯学会指導医

天願俊泉(南部医療センター歯科口腔外科)
博士(歯学) 日本矯正歯科学会認定医